MIX犬 Gavi&Wooと過ごす日々!

犬を飼いたいなぁと迷っている方へのメッセージ

国立新美術館へ「カルティエ、時の結晶」を鑑賞

いやぁー、めちゃくちゃ良かったー(><)

これでもかーーーっていうくらいの、キラッキラのダイヤの数々!!

リングから、ネックレスから、ティアラから、懐かしい3連リングからラブブレス

友達が彼に買ってもらっていて、とても羨ましかった記憶が蘇ったり。。。

 

本当に沢山のCartierが見ることができて、興奮して、堪能しました!

是非とも行って貰いたいです!

 

f:id:makichannel:20191007110656j:plain

 

www.nact.jp

 

 

 

 

「カルティエ、時の結晶」を巡回

 

プロローグ 時空 <<逆行時計>>

入っていくと、、、めっちゃ暗いです!そして、、、

どでかい時計がどーーーーーんと出迎えてくれます!

新素材研究所の杉本博司氏が、スイスで見つけた時計を改造して、

修復され逆行化された1908年製造の時計です。

すごい存在感、、、カチッカチッカチッ動いています。

「遡ることは未来を啓示すること!!」

鏡を通してみると、今の時間が見えるそう!

 

f:id:makichannel:20191007135318j:plain

 

序章 時の間 

1843年創業の京都、西陣が発祥の織物メーカー「川島織物セルコン」で織られた織物の柱の中に、きれいに照明が当てられてミステリークロックが浮かび上がります。

真っ暗な中、12本の光の柱が、幻想的で美しい、、、

中を覗くと、緻密に計算されて作られてであろう時計が、、、

2本の時計の針の細工が美しい!

 

f:id:makichannel:20191007142518j:plain

 

 

 

第1章 色と素材のトランスフォーメーション

 ヒノキの白木を使ったケースが整然と配置され、

ほのかな木の香りがして、嗅覚と視覚から刺激されます!

時間、空間、光、の演出が素晴らしいです。

あきば佛教美術工房で、彫られ作られた美しいトルソーの彫刻に、

飾られる美しいJewelryの数々、、、

ため息しか出ない、、、美しい。。。

 

「時間」がテーマだけど、時間を忘れてしまうほどの空間を創り上げた!!

凄い人たちがいるもんだ。

 

 

f:id:makichannel:20191007143952j:plain

 

第2章 フォルムとデザイン

大谷石と言う、ノコギリで切れる柔らかい石を、500本!!

組み立て、積み重ねられ、その上にJewelry!!

石と宝石を対比させながら魅せていく!!

もちろん、ガラスがはめ込まれていますが、ガラスが見えない!!

思わず手が伸びてしまいそうになります(><)

まだまだキラッキラは続きます、、、

 

 

f:id:makichannel:20191007150035j:plain

 

第3章 ユニバーサルな好奇心

・パンテール

フランス語で「豹」のことを「パンテール」と言います!

・カルティエ アーカイブ

日本の「印籠」や「浮世絵」がありました。

世界各国の色んなものからインスピレーションを受けて、デザインしていたのでしょうね。

これ手描き?と言うような、緻密なデザイン画があったりします!

・最後の部屋

そして、、、最後の部屋だけ、お写真が撮れます!!

 

f:id:makichannel:20191007153959j:plain

f:id:makichannel:20191007154040j:plain

f:id:makichannel:20191007154047j:plain

 

感想

本当に、、、「目の保養になったわぁ~」

とか言うレベルではないのですよ!!!

POWERがもらえます!

やる気が起きてくるというか、元気になれる!

 

たまたま行った日に、国立新美術館の主任本橋弥生さん、新素材研究所の榊田倫之さん、カルティエのピエール・レネロさんの、3人の講演会がありました。

ピエール・レネロさんが、国立新美術館が訪れた時に、ここでCartier展ができたらな。。。

という思いから、約4年の歳月をかけて、創っていったそうです!

 

カルティエのJewelryへの思いと、新素材研究所のアイデアがMIXされて、

本当に素晴らしいものを見せてもらいました。

ありがとうございます!!

 

 

 

 

⁂館内、めちゃくちゃ寒いです!!

厚着で、パンツスタイル、スカートだとタイツを履くとかした方がいいです!