MIX犬 Gavi&Wooと過ごす日々!

犬を飼いたいなぁと迷っている方へのメッセージ

MIX犬 Wooとの出会い


 

f:id:makichannel:20190826114230j:plain

ウー

 ガヴィを迎えに行ってから、2年後に子供が生まれました。

41歳で産んだのですよ!

 

前回の記事で、旦那が飲んだくれて帰ってくる。と書いたのですが、なんと、

ガヴィが来てから、早く帰ってくるようになったのです!

 

 

子供が生まれて、2年後東京転勤が決まり、翌年から東京での幼稚園の送り迎え生活が始まりました。

 

幼稚園の近くにホームセンターがあり、ほぼ毎日帰りに寄って、ペットショップの前にある椅子に座りながら、自販機で買ったアイスを食べるというのが、習慣になっていました。

 

ある日、口の周りが真っ黒の犬、、、

「ドロボー?」「カルビーのおじさん?」

「ぶっさいくな子が入ってきたなー、これは売れない!」

と思った、後のウーが入ってきたのですよ⁉

 

 

 

 

f:id:makichannel:20190831075016j:plain

ペットショップに貼ってあった写真

 

ほぼ毎日通っていたので、「やっぱりまだブサイクいるわ」「今日もいるわ」

 

 

毎日見ていると、何となくこの子いい子だな~と、

人と目を合わせようと必死だし。

小さな飛んでいる虫を見つけて、ずーっと目で追っていたり。

しぐさが可愛い、ひょううきんな感じ。

きっとこの子いい子だな。この子を飼っても後悔することはないだろうなー。

 

だんだん「早くいい人に貰われてくれー」

「早く売れてくれー」

と思い始め。。。

 

「まだいるブサイク、売れない・・・」

この土日で売れているかも、、、

「まだいるわ、、、売れない、、、」

 

 

 

 

「抱っこしてもいいですか?」

 

聞いてしまいました(><)

 

毛の色が黄金色で、触感が柔らかくて、とても気持ちがいい。

「癒されるわー!」

 

お店人に、「この子いい子ですよね?」と聞いたら、

「いい子ですよー、人のことも好きだし、犬のことも好きだし」

「お店を閉めてから、出してあげたら店内ダッシュして走って、大きな子にも飛びついていくし、元気ですよ」

 

この子が家に来たら、又一段と楽しくなりそうだなぁ。連れて帰りたい。。。

 

まさかの、、、この子は売れないと思ったブサイクを、、、

自分が飼いたくなるなんて、、、

どうやって旦那を説得しよう。

しかも20万円もしているのですよ!

 

 旦那には、ブサイクな犬がいると言っていて、一度見に来てくれていたので存在は知っていました。でもガヴィを溺愛しているのでその時は無理だよね、と思っていました。

 

毎日、「ブサイクまだいたわ、、、」と言い続け、、、

 

「あの子を家族に迎えたい。

絶対部屋をきれいに片づけるし、やる気が出ると思う!」

とかなんとか、言い続け。

 

「もしガヴィとの相性が合わなかったら、お前の実家、母親が引き取って育ててくれると、了承してくれるのであれば、OK。だけどそれが無理なら、NO」

 

実家もずっと犬がいたのですが、母も高齢になってきたので、今は何も飼っていなかったので。そして、旅行に行くときはガヴィを預かって貰っていたので、母に対して信頼があったのでしょう。

 

母に電話すると「もーあんた、犬飼いたい飼いたいって、大人になってからそんなんいいだして!養育費払いやー!」と言って、しぶしぶ了承してくれたのです!!

 

はれて、ウーを迎えることになったのでした!

 

迎えに行く前日に、あの子の名前どうしよう?私の頭の中には一応名前があったのですが、旦那と子供に聞いてみました。

 

すると子供が「んー」がいいと、、、口を閉じながら「んー」って、

言えるかー!!!

 

すると旦那が「あいつはウーや、ウルトラマンに出てくる、雪女怪獣ウーや!」

と言い出し、画像を見せられ、「うん、そうかも、、、」と納得し、

 

「ウー」と名付けられたのでした!

 

 

 

本日のアドバイス

 

前回の記事で、観察してほしいと書いたのですが、ウーは多分1か月は、ショップで見ていたのですね。

一目ぼれで、ビビビッときて、即連れて帰るというのもというのもありだとは思います。

が、出来たら毎日少しの時間でいいので、見に行ってみてほしい。

土日しか時間がないなら、朝からずっと見てみる。この子はこういう感じの子だな~と何となく分かってきます。

 

私は今でも、ショップに行ったとき「この子いい子そうですよね?」とか

「この子は、暴れん坊すぎじゃない?」とかお店の人に話しかけたりします。

「そうですね、結構大変だと思う」とか、話してくれます。

 ぜひ、焦らないでしばらく観察してみる。お店の人に話かけてみる。

やってみてください!

 

 

ワンコを飼おうかなと、思っている方にいい出会いがありますように!